POSレジのシステムとは

POSは“PointOfSales”という英語の頭文字をとったもので、日本語では、“販売時点情報管理”と訳されます。

POSレジとは、お客様と金銭のやりとりをした時点での販売情報を管理するシステムを持ったレジのことです。このレジはネットワークにつながっており、販売情報が集約されて、蓄積や分析がされることによって、お店や企業の売り上げの改善を図ることができます。

また、購入者の年齢層や性別、当日の天気のデータを組み合わせて、売れ行きを観察することができます。最近ではチェーン店だけでなく、小規模な店舗でも導入されて、データ解析を行って店舗運営の改善が行われるようになってきました。

POSレジは、“いつ、何が、いくらで、どれくらいで”売れたのかというデータが正確にわかるといった、従来のレジにはなかった利点があります。従来のものはすべて手打ちで行われていたため、間違いが多かったり、時間がかかっていたりしていました。

これによって、人件費削減や効率性が増しています。また販売実績を集計する必要がなく、即座に収集されるため、従来よりも早く正しく、売れ行きが把握できます。さらにレジの使用ログが残るため、セキュリティーの向上にもつながっています。

POSレジは最近ではタブレット型のものが使用することができ、その端末にアプリをインストールするだけで簡単に、ネットにつながっているこのPOSレジのシステムを導入することができます。つまりiPadなどがレジになると言うことです。

また決済面でも、様々な方法での決済を可能にしました。POSレジのシステムは企業やお店の効率の良い経営だけでなく、お客様の利便性の向上にもつながっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です