飲食店のposレジとタブレットについて

スーパーなどの小売店で使用されているレジシステムは、バーコードを読み取る事が出来る機能を備えたposレジが主流になっています。
バーコードには商品番号などの情報が記録してあり、この情報を商品管理データベース内で検索を行い、商品名や値段をレシートに印字する事が出来るようになります。
スーパーのお店で取り扱っている商品の中には、値下げなどが行われる事もあるので、データベース内で価格管理を行っておけば、その都度商品のバーコードを変更する、値札を変えずに済みます。

飲食店のposレジを採用しているお店が増えています。
飲食店ではバーコードを取り扱う事が出来ないので、タブレットを使用してシステムを構築するケースが多いのです。
タブレットは従業員が使うタイプ、お客さんが使うタイプなどがありますが、従業員はお客さんからオーダーを受ける時には専用端末でもあるタブレットを操作して行う事になります。
タブレットは無線LANでposレジの本体システムと通信を行う事で、オーダー情報をデータベースにリアルタイムに記録して行く事が出来ます。
客席情報も併せて送信するので、オーダーを受けると同時に会計処理が可能になるわけです。
お客さんが帰る時には既に会計処理が完了しているため、お客さんを待たせずに処理が出来る、従業員もレジ操作に時間を掛けずに済むなどのメリット、オーダーを受けると同時に売り上げが計上されるため、お店のオーナーも売り上げ把握が出来るなどのメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です