タブレットのポスレジを導入するメリット

販売業にとって、レジはどうしても必要な重要な機器です。

お客様とのお金のやり取りには必要なものですし、ポスレジを導入すれば売れている商品の傾向などを掴み販売戦略にも生かすことができます。
そして、そんな便利なポスレジの中で、最近注目されているのがタブレットをレジとして使うものです。しかし、ポスレジのタブレットとして使うことにはどんなメリットがあると言うのでしょうか。

まず最大のメリットは、導入コストの低さです。一般的なPOSのシステムを導入する場合は、レジ端末はかなりの価格となってきます。システム全体での導入コストを考えると、さらに費用は上がります。
しかしタブレットの場合は、レジ端末に比べるとかなりコストが低いものとなります。

システムもクラウドサービスのものを使えばかなり抑えることができますので、売上規模の小さな店舗でも導入しやすいと言えるのではないでしょうか。

また、小さな店舗、という意味では省スペースであるということもかなり魅力的な点です。通常のポスレジはかなりかさばるものとなるため置き場所を選びますが、タブレットならどこにでも設置できますし、持ち運びも簡単です。催事などで使うことも可能となります。
さらに、商品プロモーションツールとしても使えます。事前に商品カタログや検索システムなどを使えるようにしておけば、レジとして使わないときはお客様へ商品紹介をするツールとして使えますし、多店舗にしか在庫が無い商品の画像を見せることもできます。
このように、タブレットのポスレジには多くのメリットがあります。まだ古いレジを使っているという場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です