POSレジを導入するメリット

POSレジとはPOSシステムを備えたレジスターのことです。

主に使用場所はスーパーやコンビニといった小売店舗になっています。POSレジは一般のレジとは違います。

この二つの違いはお客と販売のやり取りをした際に販売の情報を管理してくれるかしないかの違いです。

昔からよく見るレジをキャッシュレジスターと呼ばれています。これはアメリカで開発されて日本に普及してきました。

こちらは今でもレジと称されてきてメジャーになってきました。

このレジが最近技術を付けて発展してきたのがPOSレジです。POSとはPoint Of Saleの略称で日本では販売情報管理システムと呼ばれているものです。システムとしてはネットワークにつながったレジから販売情報が集約され蓄積と分析をします。

その蓄積や分析から企業やお店の販売情報を見て売り上げを改善して図るものになっています。

最初は大手の企業が小売チェーンに対して導入して売り上げ情報などを分析することが多かったのですが近年ではインターネットの普及と同時に小売店舗でも導入されてくることが増えました。

小売店舗でもデータ分析を行い店舗を運営するにあたってどういったものが売れるのかどういった商品が人気があるのかまたどの時間帯がお客さんが多いのかといったような店舗運営の改善がしやすくなりました。特にどの時間帯にお客さんが多いのか分析をする機能は雇用するにあたりどの時間がいいのか募集をかけやすくなったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です