大手がこぞってPOSレジを導入する理由

「POSレジ」と言えば、コンビニや大手フランチャイズチェーンなどでは必ずと言って良いほど導入されているシステムです。

POSレジに関する説明は省きますが、それほど多くの企業がPOSレジを採用することには当然ながら理由があります。

その理由は一つに限られたものではありませんが、代表的なものとしては「販売管理が容易になる」「人件費を節約できる」とったことが挙げられます。

さて、それではこの2点について少しだけ詳しく説明していきましょう。

まずは販売管理に関してですが、POSレジを採用することによって、「レジでバーコードをスキャンするだけで販売に関するデータを収集・分析することが出来る」というメリットがあります。

商品ごとの価格を覚えていなくとも、最後に販売数をチェックしなくとも「パソコン上で行った取引の全てを集積管理」することが出来るので、大幅に労力を削減することが出来ます。

また、それらの情報はただ単に収集すればいいと言う訳では無く、効果的に活用されてこそ意味を成します。その為には「分析」を行う必要があり、知り得た情報を正確に判断できるスキルを習得するための教育期間、およびそれが可能な人材を雇用する人件費などが必要です。

かてて加えて、「人力では作業スピードに限界がある」という点もコスト増加に影響を与えます。ところが、POSシステムを活用することによって「データ分析の必要が減る」ため、すでに分析された情報をどのように活用するのかという理解力さえ養えばいいという状態に出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です